ジャガード織のブランドタグやお守り、ミサンガ製造販売は(株)出口織ネーム

私たち、織物のプロが
あなたに最適な織り方を提案します

出口織ネーム

こんなことに
お困りではありませんか?

  • 作ってもらった織ネームやお守りなどが
    希望通りの織物にならない
  • ポリエステル以外
    素材を使った風合いが欲しい
  • 機能性を持った特殊
    織ネームやお守りなどを作りたい

私たちにおまかせください!

ジャガード織機
プロのスタッフ

数百種類の織り組織と糸素材を使いこなして
あなたのお悩みを解決いたします!

お客様

お客様が当社にご相談いただく理由

point 1

当社ではブランドタグの織ネームはもちろん、お守り袋やミサンガ、フラッグ、マウスパッドなど、業種を問わず織物製品のお問い合わせを数多くいただいております。

  • 織物設計図から自社で作成し、緻密なデザインの再現が可能

  • 一般的なポリエステル以外の糸素材を使った
    特殊な風合いの織物が作れる

  • シリアル番号や限定品数量など
    機能性を持たせた織ネームや織物商品

ブランドタグの織ネームは
商品と同じくらいこだわります。

一生懸命作った商品に取り付ける織ネームのデザインが忠実に再現されていなかったり、織タグの折り曲げがゆがんでいたりするとガッカリしますよね。織物グッズのデザインがきれいに表現されていないというケースもよくご相談があります。
また、シリアル番号などは商品価値を向上させる目的や偽造品防止などの目的で使用されるお客様が増えております。一枚一枚の織ネームやお守り用生地に異なる数字や文字を織り込むには特別な技術が必要になるので、他社には無い特徴を持たせる商品に仕上げるには効果が高いです。
そして、ブランドロゴなどのデザインの再現性はもちろん、糸素材についてについてのご相談も多くございます。差別化などの理由から綿糸や絹糸などを使った独特の風合いを表現したい場合もありますよね。

当社は『織ネームは商品の顔』と考え、お作りしています。
あなたのご要望を遠慮無くご相談ください。
織物製作のプロが最適な方法でお応えいたします。

織物製作の悩みを解決する方法

point 2

織ネームを含む織物生地には下記の工程があります。

  1. 織物設計図
    作成
  2. 製織
    (織り上げ)
  3. 後加工
    (カットや折り曲げ)
  4. 検品

私たちはすべての工程を自社内でおこなっています。
特に織物設計図を自社で作成・修正できることはとても重要です。

説明する当社スタッフ

<織物設計図作成>の工程には“試し織りをして、デザインを正確に再現できるように設計図を修正する”という工程が含まれています。もちろん、糸素材を変更した場合も同様に設計図の修正が必要に必要になります。この設計図の修正を外部業者に委託している場合は、修正依頼をして修正版が戻ってきてからの再試作になるため、修正せずに量産に入ることがあるそうです。修正版が戻ってくるまで織物製造機械を止めておくことになりますからね。その結果、依頼したデザインが忠実に再現されてない織物が出来上がってしまいます。
私たちは織り上がった生地を確認して、正確にデザインを再現できるまで何度も設計図の修正をおこなっております。妥協できないとても重要なポイントです。

私たちは織ネームなどの織物製品を
販売するだけの会社ではありません

お客様のデザインから「織物設計図の作成」・「製織」・「あと加工」・「検品」までの工程を一貫して自社内でおこないますので、適切な価格と短い納期で提供が可能です。 また、ブランドロゴやブランド名が入った織ネームに、「S・M・L」などのサイズ名も必要な枚数分だけ織り込むことが出来ます。 同様に、連続番号や会社名だけを入れ替えて織り上げるお守り袋や旗など、小ロット多品種製品に最適な環境と技術を活かした『一点だけのものづくり』はいかがでしょうか。私たちの織ネームを見てみてください。

織ネームの詳細はこちらから

出口織ネームの織り技術見本帳

point 3

見本帳にもなるランチョンマット絵本の画像
ランチョンマット絵本の拡大図

織物は印刷と異なり、同じ色糸を使っても織り方を変えると表現される色が変化します。これが織物製作の最も難しい部分です。
デザインを再現するために、ヨコ糸の色を替えるか、その部分だけ織り方を替えるかは、織物設計図作成者の腕の見せ所です。

実物を是非ごらんください

そこで、私たちの織り技術を目で見て、手で触れていただけるような見本帳を作りました。ランチョンマットとしてもお使いいただけるもので、様々な織り方が使われており、糸素材もポリエステルや綿糸などはもちろん、撥水機能蓄光機能を持った機能性繊維も使っています。
一般的な糸の見本帳は数種類の織り方で色の出具合を確認できますが、この織り技術見本帳はランチョンマットという具体的な商品で織り方や糸素材をご紹介していますので、織り上がりのイメージがよりしやすくなるのではないでしょうか。

織り見本帳「ランチョンマット絵本」のページへ

小ロットや品質にも自信があります

小ロット多品種生産の技術は、ベース部分のデザインは共通で、変化したい部分だけを入れ替えて、織物を作ることができます。
シリアル番号や連続番号、氏名、会社名を入れ替える商品などはすべて同じ仕組みです。ブランドタグの下にサイズネームを合わせて縫い付けているタイプが多いと思いますが、1枚の織ネームにブランドロゴとサイズを入れて1枚の縫製で済ませてみませんか? 私たちは年間1,500件以上のご注文をいただいており、多くのお客様からお礼のメールやお電話をいただきます。
その多くが「織ネームのデザイン表現がこれまでの業者さんと比べてとっても良いです!」や、「不良品の数が桁違いに少ないですね」という品質に関する評価です。
一枚一枚異なる数字や文字が入っている商品に対しても、全品検査をおこなっておりますので、異なる番号の混入は現在までゼロです。

よくあるご質問

Q and A

一枚一枚異なる番号を入れて、偽造品予防になるの?

年号だけを入れ替えたデザインの織物

もちろん、シリアル番号入りの織ネームを取り付けても偽造品は生まれるかもしれません。
しかし、一般的なブランドタグが付いている商品よりも偽造されにくくなると思えませんか?
特別の技術が無いと1枚1枚に異なる絵文字を入れることはかなりのコストアップにつながり、偽造品販売のメリットが薄まります。 そう考えると抑止効果はあると思いませんか?

連続番号とか一枚一枚異なる絵文字を入れた商品は高価なんでしょ?

連続番号が入った織りネーム

一般的な設備や技術を持った製造業者では高い商品になります。私たちは“小ロット多品種”なものづくりを目指して設備や技術を準備しており、無駄を省いた生産をおこなえますので、適切な金額と納期でご提供できます。
お見積もりは無料ですので、ご要望をお伝えください。

ポリエステル以外の糸を使ったり、緻密なデザインを本当に表現できるの?

いろんな素材を使った織物

出来ます!
私たちは織ネームの製造販売が主流ですが、お守りやミサンガ、FPSゲーム向けマウスパッドなどなど、様々な織物製品作成のお問い合わせをいただき、納品して参りました。この経験がポリエステル以外の糸素材を使いこなせる理由です。
また、緻密なデザインを再現するノウハウは、織ネームという小さい寸法制限がある中に、ブランドロゴやブランド名を織り込むという豊富な経験によるものです。加えて、自社内で織物設計図の作成・修正がすぐにおこなえる環境があってこその技術ですので、安心してお任せください。

日本中の人が知る有名ブランド商品は、細部まで手を抜かない高品質なものばかりですよね。苦労して生み出した商品であれば、商品の顔になるブランド名やブランドタグの織ネームにも妥協せず品質を求めたくなるのは自然なことです。
そんなあなたの思いは、商品の価値とブランドの価値を向上させ、売り上げや利益アップにつながるはずです。
また、あなたの大事な商品を偽造品から守ることは、ブランドイメージの低下や顧客離れを防止し、継続的な売り上げにつながります。
そんなあなたのブランド成長を私たちにお手伝いさせてください。
緻密なデザインを再現した織ネームや、シリアル番号入りのブランドタグはとても好評です。織物は設計図が必要になるので、途中で別の業者に依頼すると、もう一度設計図の作成が必要になります。
品質に自信がある私たちにお任せください。

ぜひ、最初に織ネームをお作りになるときにお問い合わせください。
あなたに最適なご提案をいたします。

お問い合わせはこちらから