HOME > 出口織ネームの技術 > 織機 > シャトル織機

出口織ネームの技術

織機 シャトル織機

シャトル織機はヨコ糸を杼(シャトル)と呼ばれる横糸を取り付けたものが左右に往復しながら織り込んでいく装置で、規定の幅の左右端でヨコ糸が折り返すため、切り口が無く肌に触れても痛くない耳付きの織ネームに仕上げることが出来ます。

ただし、レピア織機に比べ織り幅や使用する色糸の数に制限があり、
製織時間も長くなる織機です。
シャトル織機01
シャトル織機04

シャトル織機のメリットは、『織ネームの端が痛くない』ことです。

下の写真のようなヨコ糸を巻いたボビンのようなものが、タテ糸の左端から右端を左右に往復して織ネームを織り上げていきます。

レピア織機と違い、織れるラベルの幅は機械にタテ糸をセットした時点で決定してしまうので、変更できませんが、その分その幅の端も織って作るので、ヒートカットする必要がなく、切り口が無いため痛くありません。

シャトル織機02 シャトル織機03

織機 一覧